マーケティング ブログ

【速報】Salesforce Lightning Now Tour Japanのイベントに参加しました!

執筆者:Hara Yuka

 

セールスフォース・ライトニングのイベント、当日の様子は?

 

salesforce-lightning-now-tour-japan-report-2018_01

  

2018年10月22日に大阪で開催された

Salesforce Lightningのイベントを速報リポートします!

Lightningってどんな感じなんだろう、

Lightningならではの機能などなど、Salesforceからの発表は貴重ですね!

 

 

 

 当日の会場はこんな感じ!

salesforce-lightning-now-tour-japan-report-2018_02

9:30受付開始でした。それくらいの時間に行きましたが、既に受付には行列が!
前からつめて座るように誘導され、すぐに満席に…

スライドを近くでみたいという方で前席を希望の場合は、受付開始時間ちょっと前に行ったほうがよいかもしれません。

スケジュールはこんな感じです。実際、演習等で時間は前後する場合がありました。

 

スケジュール

 9:30 受付開始
10:00 オープニング、Navigation & Home
10:45 営業の生産性
11:45 演習
13:00 昼食
14:00 思い通りの営業
16:00 移行の管理
17:00 終了


服装についてですが、男性はスーツの方が多数派でした。女性はオフィスカジュアルな感じです。

お昼には豪華なお弁当(お茶付き)、休憩時には、おやつとドリンクも出ました!

さすがセールスフォースですね。 

salesforce-lightning-now-tour-japan-report-2018_05

salesforce-lightning-now-tour-japan-report-2018_06

 

当日気をつけること

①PCは忘れないように!

 演習がある場合に忘れてしまうと、会場で何も出来ません。

 また、普段と違う環境なのでログインパスワードが分からないなんてことも避けたいですね。


②WIFI環境をまず確認すること

演習をする場合、会場の方々が一斉に同じWIFI環境を使用します。

何らかの原因で、速度が悪い際は、会場スタッフに早めに相談しましょう。

 

 

同時通訳機がある!

 

salesforce-lightning-now-tour-japan-report-2018_10

英語スピーカーがいる場合、予め用意されているようですね。使い方は簡単です。スイッチをONにし、耳にかければOK。

同時通訳の方が会場におり、即時通訳をして下さいます。はじめは慣れないかもしれませんが、徐々に慣れてくると思います。

 

 

情報が盛りだくさん、スライド資料は後でもらえるのか?!

 

会場で提供される情報は大変多いです。

メモが追いつかないぞ、前の人の頭でスライドの写真とれないぞ…この翻訳機どうやって使うんだ?

ライトニングの画面は見慣れていない、さっきはどこをクリックしたんだろうか?などと、前半はバタバタしがちです。

でも大丈夫。はじめの休憩の時にSalesForceスタッフに聞いたところ、今回、アンケートの後でプレゼン資料はもらえるそうです。

心配だったら、こういうことは、事前にスタッフに確認するのが良いですね!

 

ライトニングの演習に挑戦!

プロジェクト名:Lightning Experience の営業チームへのロールアウト

salesforce-lightning-now-tour-japan-report-2018_11

当日はこのプロジェクトに沿って演習を行いました。

トレイルヘッドのPlaygroundを使い、下記は設定が完了した画面です。

統一してライトニングには、ユーザインターフェイスに関して、「営業担当者側の入力負荷をなくす」というのがベースにあるようです。


①パス設定(緑色のバーの部分)による、フェーズごとでの表示切り替えが可能

ライトニングでは「パス設定」ができ、その各段階で必要な情報を切り分け入力表示させることが出来ます。

営業さんは基本的にシステムへの「データ入力を面倒と感じている」という前提で、

必要な項目だけまとめて簡単に入れられる画面仕様へと変化させているようです。

【パス段階2】

salesforce-lightning-now-tour-japan-report-2018_07

 

【パス段階2】

salesforce-lightning-now-tour-japan-report-2018_08

 

②独自の専用編集タブを作成できる

salesforce-lightning-now-tour-japan-report-2018_09

 

次回のブログでは、ライトニングについて最後に配布された資料を元に整理し、詳しく紹介していこうと思います。

今回は、イベントの速報でした。それでは次回もお楽しみに!

 

<https://www.japanma.or.jp/download/33/>  間違ったマーケティング・セールスでは会社はつぶれる(1)  あなたの会社のマーケティング・セールスは進化していますか? マーケティング・セールスの方法は人口減少や、マーケットの縮小などにより変化が必要です。マーケティング・セールスの根本的な仕組みが分かる小冊子『間違ったマーケティング・セールスでは会社はつぶれる(1)』では、マーケティング・セールスの基本知識の習得ができます。   資料をダウンロードする <https://www.japanma.or.jp/download/33/>

 

 

 

気軽にお問い合わせ下さい <https://www.mk-design.co.jp/contact>

 

どんな小さな質問・ご相談でも構いません。まずは、気軽にご相談ください。

オススメのブログ記事

廣見 剛利
代表取締役社長

20代の頃から、営業会社の組織を率いるかたわら、営業の重要性を認識しながらも、営業の限界について自問自答をし続ける。30代でCRMとSFAに出会いその限界を打破する光が見えつつも、変革しなければならないプロセスの多さに愕然とする。40代に入りマーケティングオートメーションと出会い、見込み客獲得から、見込み客教育、商談化のプロセスの自動化について体現する。商談化前が自動化されることにより、商談後の生涯顧客価値を最大化させるプロセスの見える化、見える化による再現性のある営業組織づくりを実現。同じ悩みをもつ日本企業の解決策を提供すべく、マーケティングデザインを設立。詳しくはこちら

三宅 毅
CMO(最高マーケティング責任者)
2000年半導体部品メーカーに入社。企画部門にて3次元CADの導入などによる業務効率化を成功させる。その後、CAE専門企業に移り、マーケティング活動全般、2008年Salesforce導入プロジェクトに関わる。マーケティングの可能性を追求すべく、2015年にBtoBマーケティング専門エージェンシーにて、Pardotなどの最新のマーケテイングオートメーションツールの導入や各種業界を支援。2017年5月より現職マックスヒルズのCMOとしてマーケティング活動から、会社の生産性向上などHR部門も統括。また、マーケティングデザインの設立にも携わり、中小企業における人材の育成にもつとめている。 Salesforceの導入事例として関連会社のマックスヒルズで掲載されました。詳しくはこちら
Hara Yuka
カスタマーサクセス・マーケティング担当
Webマーケティング業務に携わっております。前職のITコンサルティング会社では、SAP等の業務基幹システムのユーザーシステムサポート業務に従事し、お客様は国内のみならず、海外ユーザーにも対応しておりました。マーケティングデザインでは、ブログ記事を執筆する機会が多く、システムなどのIT・Web関連が苦手な方でも、分かりやすく伝わるように心がけております。日進月歩する分野ですので、最新の情報を出来る限りキャッチしつつ、役立つ情報を発信できるように、頑張っていきます!★Salesforce/EinsteinChampion(2020)認定 ★Twitterはこちら
柴沼 潤
インサイドセールス・マーケティング担当

2019年のはじめに入社し、Salesforce のEinsteinAnalyticsを活用した分析業務に取り組ませていただいております。ダブルワークしており、フリークライマーとしての活動の傍ら業務に取り組んでおります。マーケティングデザインでは私が取り組んできた分析業務の活用事例を紹介させていただくことで、営業支援ツールの導入・活用に役立つ情報を提供していきたいと考えております。機会があれば私自身の勤務の様子をご紹介させていただくかもしれません。ダブルワーク・テレワークといった勤務スタイルがどのように確立されているかなど、興味がある方々にとって有益な情報を発信できるように頑張ります。