マーケティング ブログ

【Einstein Analytics】ストーリー作成において「Other」が多い場合はどう除外するのか?

Written by Hara Y 2019/02/13 16:20:00

  

ストーリーで分析!

EinsteinAnalytics_Salesforce_delete_other_01

 

 

AI分析が出来る、Salesforceの機能「Einstein Analytics

(アインシュタイン・アナリティクス)

今回は、ストーリー分析における「Other」項目への対応として、

除外していく設定を紹介します。

 

 

◆目次◆

  1. 【復習】Einstein Analyticsとは?
  2. 事例:Einstein Analyticsを使って分析へ
  3. データセット・レンズ画面で確認
  4. 「Other」項目はどこから集計されたのか?
  5. 「Other」を除外する方法
  6. 変更したストーリーを確認

  

 

【復習】Einstein Analyticsとは?

 

Einstein Analyticsは、Salesforceで今注目の分析機能です。

Einstein Analyticsでは、「ストーリー」と言われる、成功ビジョンのシナリオ、目的といったような類もAIで提案してくれます。

詳しくは、下記のアインシュタインシリーズをご参考下さい!

 

 

 

【追記補足】Einstein Analytics(ストーリー作成)は、「Einstein Discovery」と呼ばれることもあります。

EinsteinDiscovery(ストーリー作成)はデータセットを元に作成しますが、下記のような場合があります。

EinsteinAnalytics_Salesforce_delete_other_06 

ストーリーを作成したが、Otherが多くて、思ったようなアウトプットが出てこない 

不明な値が一体何か調べたいが、元データのダウンロード方法もわからず、困っている

 

 

事例:Einstein Analyticsを使って分析へ

 

前回の第3弾で作成した実際の事例を元に、解決していきましょう!

今回、事例として関連会社マックスヒルズのSalesforeデータを使用しました。

マックスヒルズは、スポーツクラブ向けの集客を支援する広告代理店となります。

※詳細については、こちらを先にご確認下さい⇒Salesforceの機能「Einstein Analytics」を使った事例を紹介します!

 

 【設定したストーリー目標と条件】

  1. 商談粗利額をMAXにしたい
  2. 対象者は商談所有者(営業担当者)6人
  3. 期間は直近の3年(例:2016/1/1~2018/12/31)

 

この条件で出たアウトプットがこちらです。

Einstein Analytics_jirei_10

 

営業担当者における、粗利額増加に関して知りたかったので、上記の指標を設定してインサイトを作成しました。

「A」の担当者に変更すると「XXXX」分、粗利額が増加する、といったような予測をたててくれ、

気になる項目リンク(青字)をクリックしていくことで、マイナス・プラスの原因となっているデータを掘り下げることが出来ます。

ここで問題となるのが、赤枠の「Other」です。EinsteinAnalytics_Salesforce_delete_other_01

分析する上で、不明な項目「Other」が多すぎる…営業担当者Aから「Other」にといわれても、困りますよね。

ストーリー上で、指標を絞り「OwnerId.Name」で表示してみても存在します。

 

 

データセット・レンズ画面で確認

 

「なぜOtherがこんなにも多いのか?」という原因を少し探っていきましょう。

そうゆう場合は、元データを確認するのが基本です。

もしかしたら、元データに「Other」という項目が存在しているのかもしれません。

ストーリーからは残念ながら、データを表として、インポートすることが出来ないそうです。(Salesforceサポート確認:2019/1月時点)

ですから、対応として、ストーリーの元データとなっている該当のデータセットを、レンズで開いて確認する必要があります。

データセット・レンズの作成についてはこちらをご参考下さい。

 

★Salesforce提供・Einstein Analytics★

 

 

 【データセットの作成はこちら】Analytics データインテグレーションの基本

https://trailhead.salesforce.com/ja/content/learn/modules/wave_enable_data_integration_basics

 


【レンズで確認・簡易手順】

  • ①ストーリーの元となっているデータセットを選択
  • ②「新規レンズ」タブが立ち上がる
  • ③右横で「テーブル比較」を選択

 

EinsteinAnalytics_Salesforce_delete_other_05

 

④グループ化単位で、「OwnerId.Name」を選択

⑤条件で、期間を設定

 

結果として、OwnerId.Name(商談所有者)の列を見ると、Otherの項目はありませんでした。
では、この「Other」は一体どこから集計された項目なのでしょうか?

EinsteinAnalytics_Salesforce_delete_other_04

 

  

「Other」項目はどこから集計されたのか?

 

Salesforceのサポートと確認しながら、ストーリーで「Other」項目が現れた原因が判明しました。

今回の場合、下記の2つのいづれかに該当したようです。


【ストーリーでOtherが集計される条件】

  1. AccountID.Name で数名除外されており、"Combine all into new Other column" が選択されているため、除外されている方も Other になります。

  2. 「Einstein Discovery は、Variable が 25 未満の場合には、自動で Other にカテゴライズされます」(Variable=変数)

 

 

「Other」を除外する方法

 

[2]は仕様的に仕方ないとしても、[1]はすぐに解決が出来ます。

 

【除外手順】

①ストーリーを開き、画面右上にある歯車アイコンをクリック

②オプション "Ignore all unchecked" にして再度ストーリー作成

EinsteinAnalytics_Salesforce_delete_other_03

 

 

  

変更したストーリーを確認




下記が、再作成されたストーリーの画面です。データの結果も、Otherが入らず、

また、左側のアドバイスメッセージも、より具体的な内容に変わったことが分かると思います。

※変更後のストーリー名:DEMO_営業商談分析_0131

EinsteinAnalytics_Salesforce_delete_other_06

 

今回の「【Einstein Analytics】ストーリー作成において「Other」が多い場合はどう除外するのか?」如何でしたでしょうか?

データの集計・分析はEinsitenの人口知能(AI)がやって提案してくれます。ただし、元のデータが整理されてない状態だと、

結果項目に「Null」や「Other」が多くなってしまい、結果としてのアウトプットの質が悪くなってしまいます。

そうならない為にも、こういったメンテンナンスや調整が必要です。

次回も、ストーリーで提案されたアウトプットを見ながら、 少しづつ精度を上げていきましょう。

それでは次回のアインシュタインシリーズもお楽しみに!

 

 第1弾⇒AIで高度な分析結果を!Salesforceの機能「Einstein Analytics」とは?

 第2弾⇒Salesforceの機能、Einstein Analyticsを日本語で使う方法とは?

第3弾⇒Salesforceの機能「Einstein Analytics」を使った事例を紹介します!

 

<https://www.japanma.or.jp/download/33/>  間違ったマーケティング・セールスでは会社はつぶれる(1)  あなたの会社のマーケティング・セールスは進化していますか? マーケティング・セールスの方法は人口減少や、マーケットの縮小などにより変化が必要です。マーケティング・セールスの根本的な仕組みが分かる小冊子『間違ったマーケティング・セールスでは会社はつぶれる(1)』では、マーケティング・セールスの基本知識の習得ができます。   資料をダウンロードする <https://www.japanma.or.jp/download/33/>

 

 

 

気軽にお問い合わせ下さい <https://www.mk-design.co.jp/contact>

 

どんな小さな質問・ご相談でも構いません。まずは、気軽にご相談ください。

オススメのブログ記事

廣見 剛利
代表取締役社長

20代の頃から、営業会社の組織を率いるかたわら、営業の重要性を認識しながらも、営業の限界について自問自答をし続ける。30代でCRMとSFAに出会いその限界を打破する光が見えつつも、変革しなければならないプロセスの多さに愕然とする。40代に入りマーケティングオートメーションと出会い、見込み客獲得から、見込み客教育、商談化のプロセスの自動化について体現する。商談化前が自動化されることにより、商談後の生涯顧客価値を最大化させるプロセスの見える化、見える化による再現性のある営業組織づくりを実現。同じ悩みをもつ日本企業の解決策を提供すべく、マーケティングデザインを設立。詳しくはこちら

三宅 毅
CMO(最高マーケティング責任者)
2000年半導体部品メーカーに入社。企画部門にて3次元CADの導入などによる業務効率化を成功させる。その後、CAE専門企業に移り、マーケティング活動全般、2008年Salesforce導入プロジェクトに関わる。マーケティングの可能性を追求すべく、2015年にBtoBマーケティング専門エージェンシーにて、Pardotなどの最新のマーケテイングオートメーションツールの導入や各種業界を支援。2017年5月より現職マックスヒルズのCMOとしてマーケティング活動から、会社の生産性向上などHR部門も統括。また、マーケティングデザインの設立にも携わり、中小企業における人材の育成にもつとめている。 Salesforceの導入事例として関連会社のマックスヒルズで掲載されました。詳しくはこちら
Hara Yuka
カスタマーサクセス
上司であります三宅と共に、Webマーケティング業務に携わっております。前職のITコンサルティング会社では、SAP等の業務基幹システムのユーザーシステムサポート業務に従事し、お客様は国内のみならず、海外ユーザーにも対応しておりました。マーケティングデザインでは、ブログ記事を執筆する機会が多く、システムなどのIT・Web関連が苦手な方でも、分かりやすく伝わるように心がけております。日進月歩する分野ですので、最新の情報を出来る限りキャッチしつつ、役立つ情報を発信できるように、頑張っていきます!