マーケティング ブログ

「HippoVideo」で動画編集!パソコン画面にモザイク追加、mp4保存も可能

Written by Hara Y 2019/03/20 11:11:00

 

パソコン画面を動画で撮影したい!オススメツールは?

HippoVideo_Video_Editor_btob_marketing_02

 

パソコン画面の操作を動画にしたいけれど、個人情報データは、モザイクで隠したい。

無料で試せる動画撮影、クローム(chorme)拡張機能があるのをご存知ですか?

今回は、オススメ動画撮影ツール「HippoVideo」を紹介します! 

 

   ◆目次◆

  1. パソコン画面の操作を動画で撮影したい!
  2. 分かりやすさは、テキストより圧倒的に「動画」
  3. オススメの「HippoVideo」とは?
  4. 作成した動画を見てみよう
  5. 見せたくない部分を消したい…「HippoVideo」はモザイク編集できる!
  6. mp4保存でローカルダウンロードへ! 
  7. 無料プランも有り・必要に応じてプランをアップグレード

  

パソコン画面の操作を動画で撮影したい!

普段パソコンで見ている画面がそのまま撮影できると、社内の情報共有マニュアルをはじめ、社外への操作ガイドのビデオ作成など多岐に渡って、大変重宝しますよね。

1つ1つ画面キャプチャとって、四角で囲って、線を引いて補足説明書いて…となると大変です。多大な時間をかけたにも関わらず、実際に画面が動いていないので、「この写真とこの写真の間の操作は一体どうなっていたんだ?!」となり、読んでも分かりづらかったりします。もったいないですよね。

皆さんも経験あると思いますが、家電製品に付属しているマニュアルも、割ときちんと読まない場合が多いです。

一方で、動画だと格段に分かりやすさが違います。出来れば動画を簡単に撮影して編集したい。そんな時にオススメなのが「HippoVideo」です。

動画取る時、こうゆう困ったケースありませんか?これもHippoVideo」なら解決できますし、何より、動画編集で、モザイクをかけれるところが、ポイントが高いです。

【こういった場合に活躍します】

  1. お金はかけたくない!!
  2. 画面の一部は見せたくない
  3. データの画面で、個人情報のデータは隠したい
  4. 写り込んだ顔にモザイクをかけたい
  5. ローカルにmp4保存したい etc...

 

 

分かりやすさは、テキストより圧倒的に「動画」 

所説ありますが、動画の情報量は単純にテキスト、写真だけの場合の5,000倍といわれている程、情報を伝えるコンテンツとしては、かなりのパワーを持っているそうです。

5000倍...となると、なかなかイメージがつきませんが、1分の動画を閲覧するだけで、WEBサイトの約3600ページ分程度に相当するとも言われています。 自ら動画を撮影し、パソコン上で簡単に編集できるのは大変便利ですし、効果の高いコンテンツが作成できます! 

 

オススメの「HippoVideo」とは? 

「動画、編集、モザイク」と日本語で検索して探したのですが、chormeウェブストアの中で、検索にヒットしなかったのです。
こういったツールは、海外のほうが種類が多いので、英語のキーワードで探し直して、該当のものがやっと見つかりました。

【特徴】(2019年3月現在

  1. マーケティング担当者向けに構築されたビデオマーケティングプラットフォーム
  2. 14日間無料トライアル、クレジットカード登録不要(14-day free trial. No credit card required)
  3. オンラインでビデオを編集
  4. モザイク(ぼかし)編集が無料プランでも可能
  5. グーグルドライブ保存、mp4ローカルダウンロード可
  6. プランアップグレードは有料制 etc...

 

詳しくは、こちらの公式サイトで確認下さい。 公式サイト⇒https://www.hippovideo.io/index.html

また、chorme拡張機能追加はこちらから可能です。

 

 

ただし、注意が必要なのは、基本的に画面仕様は「英語」になります。下記の裏技を使えば日本語の自動翻訳で見れるので、ぜひ試してみて下さい。

 

【裏技】動画やサイトが英語が苦手でも大丈夫!

 STEP①サイトを翻訳する

 Chromeのブラウザをご利用であるならば、右クリック「日本語に翻訳(T)」を活用すれば、

 下記のような画面になりますので試してみてはいかがでしょうか。

  (一部、自動翻訳の問題で変わった日本語の言い回しがまざりますが、システム画面的には、特に大きな問題はなく利用できるかと思います。)

marketing-hotjar-free-tool-website-step1_03-1

   

 

作成した動画を見てみよう

私が無料プランで撮影した動画はこちらです。画面操作を録画しながら、操作説明をしています。

作成経緯

 

動画を作成した経緯としては、下記のブログを作成する際、システム画面が「動的」なものであり、画面キャプチャと文章だけで説明することに限界を感じた為です。もし興味がありましたら、こちらのブログもご参考ください。

 ◆動画内容:SalesforceのEinsteinアナリティクスにおけるダッシュボード機能の使い方ガイド

 参考ブログ⇒【Einstein Analytics】でダッシュボードを作成しよう!

   

 ナレーションはプロではありませんので、あくまで補足情報としてですが「音声」も入りますし、編集で画面をカットして繋げたり、一部をモザイクでぼかして隠したりといったことが可能です。

「クイック編集」で編集も可能ですし、細かい編集は「プロフェッショナル編集」をオススメします!

【音声付きサンプル】 

 

 

  

 

見せたくない部分を消したい…「HippoVideo」はモザイク編集できる! 


HippoVideo_Video_Editor_btob_marketing_04

個人情報のデータ保護から「ぼかし」は必須ですね。モザイク編集が可能です。編集方法としては、「EDITVIDEO」ボタンから編集選び、編集画面に進みます。モザイクをかけたい部分を四角で囲うことで追加ができます。

(「クイック編集」・「プロフェッショナル編集」どちらでもモザイクは追加できます)

詳しくは、下記の公式ガイド動画をご参考下さい。

 

HippoVideo公式作成ガイド動画(英語のみ)

 

 

mp4保存でローカルダウンロードへ! 

動画編集画面の「Download」で、編集した動画をmp4保存できます。

また、facebook、Twitter、Slackなどでも共有が可能ですし、YoutubeやGoogleドライブにエクスポートも可能です。

 HippoVideo_Video_Editor_btob_marketing_03_add2

  

無料プランも有り・必要に応じてプランをアップグレード 

動画編集に興味がある、少し使ってみたいという方は、無料プランから初めてみるのが良いと思います。

ただし、無料プランには制限がありますので、その点はご注意下さい。

※補足:14日間の無料トライアルとなります(2019年3月現在

詳しいプライス表はこちら⇒https://www.hippovideo.io/pricing.html

 

 動画の作成も、立派なコンテンツの1つ。しかも、テキストと写真より伝わる情報ははるかに多いのです!

無料でも試せる「HippoVideo」。これを機会に、試してみては如何でしょうか。

社内ノウハウの蓄積やWebコンテンツ作成に、ぜひご活用下さい!それでは次回もお楽しみに!

 

 

<https://www.japanma.or.jp/download/33/>  間違ったマーケティング・セールスでは会社はつぶれる(1)  あなたの会社のマーケティング・セールスは進化していますか? マーケティング・セールスの方法は人口減少や、マーケットの縮小などにより変化が必要です。マーケティング・セールスの根本的な仕組みが分かる小冊子『間違ったマーケティング・セールスでは会社はつぶれる(1)』では、マーケティング・セールスの基本知識の習得ができます。   資料をダウンロードする <https://www.japanma.or.jp/download/33/>

 

 

 

気軽にお問い合わせ下さい <https://www.mk-design.co.jp/contact>

 

どんな小さな質問・ご相談でも構いません。まずは、気軽にご相談ください。

オススメのブログ記事

廣見 剛利
代表取締役社長

20代の頃から、営業会社の組織を率いるかたわら、営業の重要性を認識しながらも、営業の限界について自問自答をし続ける。30代でCRMとSFAに出会いその限界を打破する光が見えつつも、変革しなければならないプロセスの多さに愕然とする。40代に入りマーケティングオートメーションと出会い、見込み客獲得から、見込み客教育、商談化のプロセスの自動化について体現する。商談化前が自動化されることにより、商談後の生涯顧客価値を最大化させるプロセスの見える化、見える化による再現性のある営業組織づくりを実現。同じ悩みをもつ日本企業の解決策を提供すべく、マーケティングデザインを設立。詳しくはこちら

三宅 毅
CMO(最高マーケティング責任者)
2000年半導体部品メーカーに入社。企画部門にて3次元CADの導入などによる業務効率化を成功させる。その後、CAE専門企業に移り、マーケティング活動全般、2008年Salesforce導入プロジェクトに関わる。マーケティングの可能性を追求すべく、2015年にBtoBマーケティング専門エージェンシーにて、Pardotなどの最新のマーケテイングオートメーションツールの導入や各種業界を支援。2017年5月より現職マックスヒルズのCMOとしてマーケティング活動から、会社の生産性向上などHR部門も統括。また、マーケティングデザインの設立にも携わり、中小企業における人材の育成にもつとめている。 Salesforceの導入事例として関連会社のマックスヒルズで掲載されました。詳しくはこちら
Hara Yuka
カスタマーサクセス
上司であります三宅と共に、Webマーケティング業務に携わっております。前職のITコンサルティング会社では、SAP等の業務基幹システムのユーザーシステムサポート業務に従事し、お客様は国内のみならず、海外ユーザーにも対応しておりました。マーケティングデザインでは、ブログ記事を執筆する機会が多く、システムなどのIT・Web関連が苦手な方でも、分かりやすく伝わるように心がけております。日進月歩する分野ですので、最新の情報を出来る限りキャッチしつつ、役立つ情報を発信できるように、頑張っていきます!