マーケティング ブログ

LINE公式アカウント活用事例も!LINE Biz-Day in Osakaに参加

執筆者:Hara Yuka

hara_blog_profile

大阪開催!「LINEで変える、顧客コミュニケーション」がテーマ

Line_Biz_Day_In_Osaka_16_add-1-1

こんにちは!マーケティングデザインの原です。

2019年11月27日、大阪にてLINE株式会社主催の「LINE Biz-Day in Osaka」が開催されました。

「LINEで変える、顧客コミュニケーション」をテーマに、LINE公式アカウント活用術や事例等を

セッション形式で発表され、内容は盛りだくさんでした!今回はその内容をレポートさせて頂きます!

 ◆目次◆

  1. いざ「LINE Biz-Day in Osaka」へ
  2. LINE公式アカウントとは?
  3. LINE公式アカウントの活用事例を紹介!
  4. まとめ

 

 いざ「LINE Biz-Day in Osaka」へ

Line_Biz_Day_In_Osaka_10こんにちは!マーケティングデザインの原です。
2019年11月27日、大阪にて「LINE Biz-Day in Osaka」のイベントが開催されました。

「LINEで変える、顧客コミュニケーション」をテーマに、LINE公式アカウント活用術や、LINE Ads Platformの活用事例等の紹介があり、内容が盛りだくさん、インプットの多いイベントとなりました。

 


セミナー内容・概要
イベント参考URL :https://linebizday.jp/osaka/

LINEといえば、ほぼ毎日使っているくらい当たり前のコミュニケーションインフラとなっています。

友人や家族でも気軽にLINEグループを作ってやり取りするのが、一般的になってきました。

私個人としては、おそらく一番使っているアプリではないかな?と思っております。もはやスマホユーザにとっては必須アプリですよね。「LINE for Business」という法人向けのLINE公式アカウントから、当日のイベントの案内が届くようになっており、事前に追加をしてイベントに参加しました。

イベント会場にはいった途端、「ご来場ありがとうございます!」の通知が届いたり、

アンケートに答えて、LINEグッズが貰えるキャンペーンも開催されていました!

私はブラウンが大好きで、コニーのかぶりものをしているものが欲しかったですが、すぐに無くなったようで大変残念です。特に、ぬいぐるみは大人気で、皆さん列に並んで交換をしていました。

Line_screen_04Line_screen_01

トーク画面では下記のようなイベントの時系列にそったメッセージが届くようになっており、休憩時間には、Cafeコーナーの案内まで届きました。

また、下部のリッチメニューでは、タップしてタイムテーブルが確認出来たり、

「QA」ボタンからは営業さんに繋げてもらう機能もまで充実しており、イベントを存分に活用できるようなUI仕様になっていました。

Line_screen_03Line_screen_02

こういったイベント事にもLINE公式アカウントが活用できるという、活用事例でもあります。

確かに、イベントの参加を通して、実際に体験出来るようにしているのが、流石だな…と感心させられてしまいました。

ちなみにCafeコーナーで頂いた食べ物はこんな感じです!とても、かわいいですね。

Line_Biz_Day_In_Osaka_09Line_Biz_Day_In_Osaka_08

Cafeメニューも、全体的にLINEのイメージを彷彿とさせるキャラクターや、緑カラーを意識したものになっていました。

 

LINE公式アカウントとは?

LINE公式アカウントは、企業や店舗のLINEアカウントを開設できるサービスで、大企業から中小企業・店舗まで、規模や業種を問わず幅広く活用されています!

企業や、特定のサービスとLINEで「友だち」になり、トーク画面で手軽にコミュニケーションができるようになりました。

LINE公式アカウントの詳細はこちらから御覧ください。


LINE公式アカウント詳細
公式サイトでの紹介はこちら:https://www.linebiz.com/lp/line-official-account/

因みに、LINE公式アカウントがどれだけ使われているのか、「大阪・梅田エリア」で見ると…

こちらのように、多くのLINE公式アカウントが普及し使われていることが分かります。

Line_Biz_Day_In_Osaka_01-1

また、民間だけではなく行政でも活用が進み、市民とのコミュニケーションツールとして導入をしているそうです。

Line_Biz_Day_In_Osaka_02-1

 

 

LINE公式アカウントの活用事例を紹介!

今回のイベントで、とても斬新だったなと感じたのはGPS地図アプリ「YAMAP」の事例でした。

Line_Biz_Day_In_Osaka_23

LINE公式アカウントを、自分のLINEグループに追加することで、アプリのダウンロードへ誘導させるという活用事例でした

お話によると、登山をする方々は、LINEで山仲間の友人グループを作り、その中で次に登る山の計画(登りたい山、登山ルート、集合場所、交通手段等)を立てる傾向があるということ。

そこで、YAMAPのLINE公式アカウントを、その山仲間の友人グループ内に「友だち」という形で追加(招待)してもらうことで、そのグループの会話の中で直接、山を検索できるような機能が追加され、最終的には、YAMAPアプリのダウンロードへ誘導するという活用事例でした。

これまで、LINEの企業のアカウントは、私が知る限り、企業からの「一方的な通知」でしか使われていなかったので、友人グループに追加するという発想自体がとても斬新でしたし、そんな使い方ができるのは意外な発見でした。

Line_Biz_Day_In_Osaka_21

 

「PUSH型」という立ち位置ではなく、あくまで「PULL型」で、メンバーの疑問等に、聞かれたらアシストしていこうというスタンスでトーク画面に存在します。

やり方として、とても面白い活用事例だなと、今回のイベントで一番印象に残りました。

Line_Biz_Day_In_Osaka_22

こうして、「PULL型」の達人メンバーとして、LINEのグループに入ったYAMAP。

メンバー内で、YAMAPを知らない人がいれば、登山計画中という段階から、アプリダウンロードへと誘導することが期待できます。

広告を大きく打たずに、こうやってコミュニティの中から自然発生的にサービスが認知されるのは、理想的ですよね。

 

まとめ

Line_Biz_Day_In_Osaka_17_add

今回の「LINE公式アカウント活用事例も!LINE Biz-Day in Osakaに参加」のブログ記事、如何でしたでしょうか。

プライベートでは、友達や家族同士の連絡用の大切なツールである「LINE」。

LINE公式アカウントの進化に伴い、ユーザと企業が一層と近づくようになりました。

ただやはり、クーポンだけ使って、「即時ブロック」などは大いに存在し、コミュニケーションとは難しいものです。

LINEは毎日見るものなので、連続的なメッセージや投稿は、鬱陶しく迷惑に感じられるのは、致し方ないでしょう。

LINE公式アカウントを活用する上でも、双方が気持ちよく使えるプラットフォームになるように、活用していきたいですね!

 

最後まで読んでいたいだきありがとうございました。それでは、次回もお楽しみに!

 


他LINEブログ
こちらもおすすめ⇒LINEの挑戦は続く!フルファネルマーケティングとは?

 

気軽にお問い合わせ下さい <https://www.mk-design.co.jp/contact>

 

どんな小さな質問・ご相談でも構いません。まずは、気軽にご相談ください。

オススメのブログ記事

廣見 剛利
代表取締役社長

20代の頃から、営業会社の組織を率いるかたわら、営業の重要性を認識しながらも、営業の限界について自問自答をし続ける。30代でCRMとSFAに出会いその限界を打破する光が見えつつも、変革しなければならないプロセスの多さに愕然とする。40代に入りマーケティングオートメーションと出会い、見込み客獲得から、見込み客教育、商談化のプロセスの自動化について体現する。商談化前が自動化されることにより、商談後の生涯顧客価値を最大化させるプロセスの見える化、見える化による再現性のある営業組織づくりを実現。同じ悩みをもつ日本企業の解決策を提供すべく、マーケティングデザインを設立。詳しくはこちら

三宅 毅
CMO(最高マーケティング責任者)
2000年半導体部品メーカーに入社。企画部門にて3次元CADの導入などによる業務効率化を成功させる。その後、CAE専門企業に移り、マーケティング活動全般、2008年Salesforce導入プロジェクトに関わる。マーケティングの可能性を追求すべく、2015年にBtoBマーケティング専門エージェンシーにて、Pardotなどの最新のマーケテイングオートメーションツールの導入や各種業界を支援。2017年5月より現職マックスヒルズのCMOとしてマーケティング活動から、会社の生産性向上などHR部門も統括。また、マーケティングデザインの設立にも携わり、中小企業における人材の育成にもつとめている。 Salesforceの導入事例として関連会社のマックスヒルズで掲載されました。詳しくはこちら
Hara Yuka
カスタマーサクセス
上司であります三宅と共に、Webマーケティング業務に携わっております。前職のITコンサルティング会社では、SAP等の業務基幹システムのユーザーシステムサポート業務に従事し、お客様は国内のみならず、海外ユーザーにも対応しておりました。マーケティングデザインでは、ブログ記事を執筆する機会が多く、システムなどのIT・Web関連が苦手な方でも、分かりやすく伝わるように心がけております。日進月歩する分野ですので、最新の情報を出来る限りキャッチしつつ、役立つ情報を発信できるように、頑張っていきます!