マーケティング ブログ

プロジェクトの振り返りにはこれが役立つ!~KPT法・改善編~

執筆者:Hara Yuka

 

改善に役立つ「KPT法」とは?


marketing_kpt_01-1 

 

 

今回は、プロジェクトの振り返り・改善に役立つ「KPT法」について紹介します!

先日行われた展示会イベントの振り返りミーティングでは、こちらの方法を利用しました。

実際の展示会・事例を交えながら紹介していきたいと思います。

 

 ◆目次◆

  1. プロジェクトが一段落したら「次への改善」へ
  2. 振り返り・改善に役立つ「KPT法」
  3. 「KPT」とは一体何か?
  4. 「KPT法」を使ってみよう
  5. アイデアの洗い出し…実はすぐには思いつかない!

  

 

プロジェクトが一段落したら「次への改善」へ

 

今回は、プロジェクトの改善に役立つ「KPT法」について紹介します!

先日行われた展示会イベントの振り返り・改善ミーティングでは、こちらの方法を利用しました。

展示会イベント関連のブログについては、下記をご参考下さい。

 

※第1弾⇒【大阪開催】SPORTEC WEST 2018の当日の様子をレポート

※第2弾⇒展示会のブース出展を成功させるマーケティングとは?~当日編~

※第3弾⇒展示会のブース出展を成功させるマーケティングとは?~準備編~

※第4弾⇒展示会のブース出展を成功させるマーケティングとは?~アフターフォロー編~

 

展示会は、関連会社マックスヒルズにとって、ビックイベントとなっています。

 そんなビックイベントは毎年、定期的に開催されるのですが、その中で大切になってくるのはプロジェクトの「振り返り」です。

現場目線の小さな気づきから、大きな改善点まで、「KPT法」という手法を活用して改善会議を行いました。

 今回は、その事例を交えながら「KPT法」について紹介していきます。

 

 振り返り・改善に役立つ「KPT法」

 marketing_kpt_05

 

「KPT法」とは、改善や振り返りに役立つ手法のことです。

あまり聞いたことがない、少し聞いたことがあるけど良くわからないという方もいらっしゃると思いますので、

簡単にやり方を紹介します。

シンプルなやり方なので、初めての方でも時間として1~2時間くらいあれば出来てしまいます。

 

 「KPT」とは一体何か?

実は略語で、下記の頭文字をとって「KPT」となっています。

 

K・P・Tとは?

 

  • 【K】Keep (良かったこと・今後も続けること)
  • 【P】Problem(課題・問題点)
  • 【T】Try(次にやること)
 

プロジェクトの振り返りで使う場合は、下の図のように、ホワイトボードに付箋でペタペタはる、
社内にドキュメントツールが入っている場合は、共有ドキュメントで箇条書きに列挙するのが良いですね。

下記のものは、関連会社マックスヒルズのサンプルイメージです。

例えとして分かりやすいように、付箋形式・イメージが付きやすい項目を抜粋しています。

 

marketing_kpt_02

 

 

 

 

 「KPT法」を使ってみよう

KPT法の、大まかな手順は下記になります。

  1. Keep を洗い出し、共有
  2. Problem を洗い出し、共有
  3. Try を皆で考え、決定する
  4. Tryで挙げられたもの中から、「実行するTry」を決める

 

 

①Keep を洗い出し、共有

 marketing_kpt_02-3

 プロジェクトとして続けていきたい事、良かった事を書き出します。
 (アイデア出しは、小さいことでも大丈夫です!この段階では数を出していきましょう。)

【例】
 ・バーコードスキャナーの活用は、名刺交換よりスムーズで良かった
 ・ブースで配布したりんごジュースは、好評だった

 

 

②Problem を洗い出し、共有

 marketing_kpt_02-1-1

 問題点、改善した方がよい点を、書き出していきます。
 (アイデア出しは、小さいことでも大丈夫です!この段階では数を出していきましょう。)

【例】
 ・ブースでの配布物が多すぎて、渡しづらい
 ・りんごジュースを入れる紙コップは、時間がたつとブヨブヨになる

 

  

③Try を皆で考え、決定する

 marketing_kpt_02-2-1

 Tryでは、①Keep・②Problemを元に、改善や次に解決方法のアイデアを出していきましょう。

  •  Keep→Try   :改善提案へ
  •  Problem→Try:解決へ


【例】
 ・ブースでの配布物が多すぎて、渡しづらい            ⇒ブース内で閲覧出来る、チラシの事例ファイルを作成
 ・りんごジュースを入れる紙コップは、時間がたつとブヨブヨになる ⇒プラスチック製コップに変更

 

 

④Tryで挙げられたもの中から、「実行するTry」を決める

 

 Tryが全てできれば良いですが、予算と時間の関係上すぐに実行というのは、難しいと思います。
 優先順位をたてて、実行するもの・保留のものを分けましょう。

 

  

以上が手順になります。シンプルな手順ですから、それほど難しくはありません。 

因みに、アイデアを洗い出しする際には、「個人ワーク」でポストイットなどに書いた後に「グループ」で出し合うのがおすすめです。誰かに先言われてしまったり、周りを気にしていると意見が出づらい傾向があります。なので、最後にグループで出し合う際は、もし同じ内容を持っていたら重ね合い、後でカウントするとその内容の優先順位づけなど楽になるかと思います。

アイデア出しの際は、どんな小さなことでも構いません。

例えば、関連会社マックスヒルズでは、展示会サンプルの「リンゴジュース」を提供した際

『紙コップで出すと、時間がたった時に、ブヨブヨになるので何かとお客さんに渡しづらい』という気づき(問題点)があがりました。

よって、次の年からは紙コップではなく、「プラスチック製コップ」に変更になりました。
KPT法でいうと、前年の「Problem」が、今年の「Try」に変わったことになります。

こういった小さなこと等は、事前には予測しづらいです。そういったことも、振り返り・改善ミーティングから生まれくることがお分り頂けたでしょうか。

           

                                               

アイデアの洗い出し…実はすぐには思いつかない!

 

marketing_kpt_03

 

小さな気付きというのは、意外とすぐに忘れてしまいます。
「展示会で思った、問題点を今から10分で書き出してみよう!」とイベントから一週間後のミーティングで突然言われても、
多分、2、3個くらいしか出てこないのではないでしょうか。


おそらく、例で出てきた『紙コップからプラスチック製へ変更』といった現場の細かい目線のアイデアは、もうこの時点では出ないと思います。そういった細かいことまでは、覚えていないことが多いです。

ですので、イベント時にもメモなど「記録」をつけておくことが大切です。
日報をつけているなら、そこにまず記載、朝礼と終礼の時に意見を出し合ってメモ、後にKPT法で振り返り...

といった流れの方が、後の「アイデア・洗い出し」がスムーズに出来ますので、おすすめです。

 


KPT法・改善編は以上になります!
展示会の振り返りだけではなく、他のプロジェクトにも使える手法となりますので、ぜひ活用してみて下さい。

この手法、仕事に限らず家庭やプライベートの問題解決にも使えるかもしれませんよ。
ぜひ、職場でも家族会議にでも、「次への一歩」の為に使って頂ければと思います!

それでは次回もお楽しみに!

 

 

<https://www.japanma.or.jp/download/33/>  間違ったマーケティング・セールスでは会社はつぶれる(1)  あなたの会社のマーケティング・セールスは進化していますか? マーケティング・セールスの方法は人口減少や、マーケットの縮小などにより変化が必要です。マーケティング・セールスの根本的な仕組みが分かる小冊子『間違ったマーケティング・セールスでは会社はつぶれる(1)』では、マーケティング・セールスの基本知識の習得ができます。   資料をダウンロードする <https://www.japanma.or.jp/download/33/>

 

 

 

気軽にお問い合わせ下さい <https://www.mk-design.co.jp/contact>

 

どんな小さな質問・ご相談でも構いません。まずは、気軽にご相談ください。

オススメのブログ記事

廣見 剛利
代表取締役社長

20代の頃から、営業会社の組織を率いるかたわら、営業の重要性を認識しながらも、営業の限界について自問自答をし続ける。30代でCRMとSFAに出会いその限界を打破する光が見えつつも、変革しなければならないプロセスの多さに愕然とする。40代に入りマーケティングオートメーションと出会い、見込み客獲得から、見込み客教育、商談化のプロセスの自動化について体現する。商談化前が自動化されることにより、商談後の生涯顧客価値を最大化させるプロセスの見える化、見える化による再現性のある営業組織づくりを実現。同じ悩みをもつ日本企業の解決策を提供すべく、マーケティングデザインを設立。詳しくはこちら

三宅 毅
CMO(最高マーケティング責任者)
2000年半導体部品メーカーに入社。企画部門にて3次元CADの導入などによる業務効率化を成功させる。その後、CAE専門企業に移り、マーケティング活動全般、2008年Salesforce導入プロジェクトに関わる。マーケティングの可能性を追求すべく、2015年にBtoBマーケティング専門エージェンシーにて、Pardotなどの最新のマーケテイングオートメーションツールの導入や各種業界を支援。2017年5月より現職マックスヒルズのCMOとしてマーケティング活動から、会社の生産性向上などHR部門も統括。また、マーケティングデザインの設立にも携わり、中小企業における人材の育成にもつとめている。 Salesforceの導入事例として関連会社のマックスヒルズで掲載されました。詳しくはこちら
Hara Yuka
カスタマーサクセス・マーケティング担当
Webマーケティング業務に携わっております。前職のITコンサルティング会社では、SAP等の業務基幹システムのユーザーシステムサポート業務に従事し、お客様は国内のみならず、海外ユーザーにも対応しておりました。マーケティングデザインでは、ブログ記事を執筆する機会が多く、システムなどのIT・Web関連が苦手な方でも、分かりやすく伝わるように心がけております。日進月歩する分野ですので、最新の情報を出来る限りキャッチしつつ、役立つ情報を発信できるように、頑張っていきます!★Salesforce/EinsteinChampion(2020)認定 ★Twitterはこちら
柴沼 潤
インサイドセールス・マーケティング担当

2019年のはじめに入社し、Salesforce のEinsteinAnalyticsを活用した分析業務に取り組ませていただいております。ダブルワークしており、フリークライマーとしての活動の傍ら業務に取り組んでおります。マーケティングデザインでは私が取り組んできた分析業務の活用事例を紹介させていただくことで、営業支援ツールの導入・活用に役立つ情報を提供していきたいと考えております。機会があれば私自身の勤務の様子をご紹介させていただくかもしれません。ダブルワーク・テレワークといった勤務スタイルがどのように確立されているかなど、興味がある方々にとって有益な情報を発信できるように頑張ります。